35ある群馬市町村を代表する夜景スポット

夜景100選というのをご存知でしょうか。

これは2004年に新日本三大夜景・夜景100選事務局が選定したもので、訪れた人が感動するような夜景であり、アクセスも悪くなく、一般公開されている展望施設のある場所のなかから選定されています。

その中で海のない群馬県では2箇所が選ばれています。

35ある群馬市町村の中で、その栄えある2箇所に選ばれたのが、群馬県前橋市にある群馬県庁展望ホールと、群馬県の中央部、赤城山の南麓にある宮城村の赤城山の中腹に位置する大パノラマ夜景展望台です。

特に、群馬県庁舎はアクセスがいいだけに人気のスポットです。

群馬県庁舎は全国の都道府県の庁舎の中でも最も高い153.8mという豪華タワービルで、展望ホールは高さ127mほどの32階にあります。

とりわけこの展望ホールにあわせたかのように、眼下に見下ろす国道17号線の群馬大橋では、ライトアップが行われます。

展望ホール内も夜景が美しく見えるよう薄暗くなっているため、ひときわそこから眺望できる関東平野の夜景が美しく見えます。

なによりも嬉しいのが、ただだということ。

この展望ホールの入場料は一切かかりません。

また31階には和食や洋食レストランもあり、そこからも同じように夜景が眺望できます。

夜は10時まで開場していますので、ゆっくりと夜景が堪能できます。